WordPressをインストールする リトルサーバー編

 

リトルサーバーでWordPressをインストールする手順は以下のようになります。

  • データベースを作成する
  • WordPressの簡単インストールを使う

データベースを作成する

リトルサーバーでは、WordPressをインストールする前にデータベースを作る必要があります。WordPressは、記事をデータベースに保存して、ページを表示するときに読み出して使います。そのためWordPressでサイトを作るときは、データベースが使えることが条件になります。よく使われるのは、MySQLというデータベースです。

多くのレンタルサーバーでは、WordPressの簡単インストール時に、自動でデータベースも作成してくれるのですが、リトルサーバーでは自分でデータベースを作成しなければいけません。

 

データベースユーザーを作成

コントロールパネル左にある「データベース」をクリックすると↓の画面が表示されます。この画面は、データベースが1つも作成されていないときだけ表示されます。

「データベース作成」ボタンをクリックすると次の画面が出るので、

データベースのパスワードを入力して「送信」ボタンを押します。(データベースユーザー名が「account」になってますが、解説用にユーザー名を編集して適当につけたものです。実際には、使われていませんのでご心配なく。)

 

データベースを作成

上の画面が表示さます。ここでデータベース名を設定します。データベース名は、アカウント名+入力したテキスト となります。

アカウント名が 「account」で、入力したテキストが「DB1」だとすると、作成されるデータベース名は「accountDB1」です。

名前を入力したら「データベース作成ボタン」を押します。データベースが作成されて、次の画面が表示されます。

以上で、データベース作成完了です。

 

 

WordPressのインストール

コントロールパネル左の「簡単インストール」をクリック。次のような画面が表示されます。

 

いちばん上のWordPressの「インストール」をクリック。インストール先指定画面が表示されるので、WordPressをインストールしたいドメインを選択します。

ドメインを選択したら「次ページへ進む」ボタンをクリック。

「次ページへ進む」ボタンをクリック。

 

WordPressで使用するデータベースを選択します。テーブル接頭辞は、こだわりとかなければこのままで。
「次ページへ進む」ボタンをクリックします。

サイトのトップページの URLを選択します。トップページの URLに「wordpress」を付けたければ上を、ドメイン名のみで表示させたければ下を選択します。
「インストール」ボタンをクリックして WordPressをインストールします。

ここで、「http://miyama.tk/」をクリックすると、ブログのタイトル、ユーザー名などを入力する、設定画面に移動します。

独自ドメインをすでに取得、「Let’s Encrypt」も申請済みでサイトのSSL化も可能という方は、上記のリンクをクリックしないで、ブラウザのアドレスバーに「https://miyama.tk/」のように「https://~」で始まるアドレスを入力して設定画面を開いてみてください。WordPressの「設定」で「https://~」にアドレスを変更しなくても、最初から「https://~」でログイン、記事の投稿、サイトの編集、表示などができるようになります。

 

 

WordPressの初期設定

すべての項目への入力が終わったら「WordPressをインストール」ボタンをクリックします。

「ログイン」ボタンをクリックすると、ログイン画面が表示されます。そこに、先ほどの「ユーザー名」と「パスワード」を入力すれば、WordPressにログインしてダッシュボードが表示されます。

 

以上でWordPressのインストールは終了です。おつかれさまでした。