WordPressをアンインストールする リトルサーバー編

WordPressをアンインストールする

アンインストール前の準備

WordPressをアンインストールするまえに、WordPressをインストールしたドメインと、データベース名を調べてメモしておきます。

バックアップが必要なら、アンインストール前に各自行ってください。WordPress本体や投稿した記事などもすべて削除されます。それをご理解の上、WordPressのアンインストールを行ってください。

WordPress本体を削除する

まず、コントロールパネル左の「簡単インストール」をクリックして次の画面を開きます。

ページの下部にインストール済みのCMS一覧が表示されます。その中からアンインストールしたいWordPressを探します。その右側に削除リンクがあるのでそれをクリックします。

 

次のような画面が表示されるので「はい」をクリックします。

「はい」をクリックすると次のような画面が表示されます。

 

WordPress本体の削除は、これで完了です。

 

データベースを削除する

WordPressを削除しても、それといっしょにデータベースまでは削除してくれないようなので、WordPressで使用したデータベースを削除します。

コントロールパネル左の「データベース」をクリックして次の画面を開きます。

作成済みデータベースの一覧が表示されます。削除したWordPressが使用していたデータベースを探します。その右側にある「削除」リンクをクリックすると、次の画面が表示されます。

 

削除したいデータベースか確認後、「はい」をクリックしてデータベースを削除します。

これで、データベースが削除されたと思いますが、本当にデータベースが削除されたか、何か残ってないかなどの確認は、各自「phpMyAdmin」などで行ってください。

 

パスを元に戻す

WordPressをインストールするとドメインのパスもWordPressを指すように変更されるので、これも元に戻しておきます。

コントロールパネルの「ドメイン」をクリックして次の画面を開きます。

登録済みドメイン一覧が表示されるので、WordPressをインストールしたドメインを探します。探したらパスに「/wordpress」が付いているのを確認して、右にある「変更」リンクをクリックします。

 

現在のパスには「/wordpress」が付いています。新たに入力するパスは、これを除いたもの、要するにドメインだけを入力すれば、パスがルートを指すようになります。

入力したら右の「送信」ボタンをクリックします。

 

パスが、きちんと変更されたのか確認します。

これで、WordPressのアンインストール終了です。
WordPressのアンインストールは、マニュアルにもそれほど詳しく書かれていなかったので、自分が試した方法を書いてみました。何かおかしな点、追加した方がいいというところなどありましたら、お知らせください。